防水工事|浜松の外壁塗装・屋根塗装はアヅマにお任せください。

防水工事

防水層の定期的メンテナンスを

建物からの危険信号に気づいてください。
  • 防水層の劣化により下地が見えている
  • クラック(ひび割れ)が発生している
  • シーリングが劣化している
雨漏りは大切な住まいを構造体から腐らせ、耐久性能を著しく低下させる大きな原因となります。 
防水工事では住まいが雨や水にさらされて浸水することを防ぐことで建物の寿命を長くすることができます。 
防水層の定期的なチェックとメンテナンスを心掛けましょう。 
メンテナンスが必要かどうかの判断が難しい場合は当社のような専門家にご相談ください。

ベランダ防水の種類

塩ビシート防水

塩ビシート防水
塩ビシート防水とは塩化ビニル樹脂で作られたシートを貼り付けて防水しています。 
塩ビシートは高い伸縮性と耐摩耗性があり、鳥害も受けにくいですが、経年や紫外線の影響で劣化して硬くなったり縮んでくるとシートとシートの継目が開いてしまったりして補修や張り替えが必要になります。
基本プラスチックなので紫外線で劣化しやすい為、定期的なトップコート(保護塗装)の塗り替えが必要ですが、既存の防水層を撤去せずに新しく施工ができるので短時間・低コストで施工ができます。

FRP防水

FRP防水
船の素材などに使われているFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を使用した防水です。 
軽量で非常に耐久性のある防水ですが、硬い為、建物の動きに追従出来ずにひび割れや浮きが発生することがあります。 
全面的な浮きの場合は下地からのやり替えが必要となることもありますが、部分的な補修も可能です。 
プラスチックなので紫外線で劣化しやすい為、定期的なトップコート(保護塗装)の塗り替えが必要ですが、硬化速度が早いので短時間で施工ができます。 
また、セラミック系タイルを敷く工法もあり、ベランダを憩いのスペースへなんてことも可能です。

ウレタン防水

ウレタン防水
ウレタン樹脂を使用した防水です。 
弾力性に富むウレタンゴム系樹脂を流して継目のない防水層を形成することができ、複雑な形状の場所でも比較的容易に施工できるためもっともポピュラーと言える防水です。
コンクリートの建物に施されていることが多いです。
密着工法、通気緩衝工法などさまざまな工法で施工することができます。
防水層の紫外線による劣化を防止するため定期的なトップコートの塗り替えが必要となりますが、工法の幅が広いので予算に合わせて施工することができます。

雨漏り調査・修繕いたします

雨漏り調査・修繕いたします
雨漏りの原因調査・修繕でお困りの方はアヅマへお任せください。 
一見どこから雨が侵入してくるのか分からない雨漏りも、経験豊かなスタッフが散水調査や赤外線カメラなどを駆使して原因の究明を行い雨漏りを止めます。
早期発見をすることでメンテナンス施工にかかる費用・住宅へのダメージを抑えることができます。
雨漏り調査、修繕依頼、ご相談、お見積りなどお気軽にご相談ください。

OUR SERVICE

  • 外壁・屋根塗装
  • シーリング工事
  • 防水工事
  • 外壁工事
  • 屋根工事
  • 太陽光発電設置工事
  • 水廻りリフォーム
  • 内装工事
  • 外構工事

ページの先頭へ