【ブログ】浜松市東区 A様邸 屋根塗装工事 ~工事の様子①~|浜松の外壁塗装・屋根塗装はアヅマにお任せください。

【ブログ】浜松市東区 A様邸 屋根塗装工事 ~工事の様子①~

2021年03月12日 10:19:39

皆さま、こんにちは!アヅマの毛利です。

今日は浜松市東区のA様邸の屋根塗り替え工事をご紹介します。板金屋根の塗装と外壁の一部塗装をご用命頂きました。今回もアヅマ品質で綺麗に仕上げますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

まずは塗装前の屋根をご覧ください↓↓↓

塗装前の屋根

屋根面の錆

 トタンの瓦棒葺き屋根で錆が所々出てきているようです。屋根上は確認しにくいですので、錆の進行には気を付けたいところです。

 

まずは高圧水洗浄↓↓↓

高圧水洗浄をしている作業員1枚目

高圧水洗浄をしている作業員2枚目

チョーキング現象※で発生した表面の粉を洗い落とすといった感じです。流れる水が黄緑色になっています。外壁の一部もあわせて洗浄は2時間ほどで完了しました。


※チョーキング現象とは

塗膜表面の樹脂分が紫外線の影響を受けて分解・劣化し塗膜に含まれていた顔料(色の素の粉)が表面  に残る現象。触ると白く手に粉が付くことで確認できます。


こちらは洗浄の翌日です。錆の進行が酷く穴が開いてしまったところを補修していきます↓↓↓

錆の補修状況

 今回はケレン(さび落とし)作業、一部アルミシートとサビフィックス(エスケー化研製の錆固着剤)を塗って補修を行いました。このサビフィックスは、ケレンをおこなっても取り切れない錆を安定化し、腐食の進行を防ぐ効果があります。

 

こちらはさらに翌日、下塗りとして通常の錆止め塗料を塗りました↓↓↓

錆止めが終わった屋根

小口を塗装している作業員

庇部分も塗って錆止め完了です。ちなみにこの庇の辺りはバラが絡んでいましたので、お施主様の許可を頂き、私のほうで取らせていただきました。立派なバラだったのでトゲが痛かったです…

次回は中塗りからの紹介予定です。どうぞご期待下さい♪


アヅマは創業から90年以上、地元浜松の老舗塗装店です。戸建てからマンション修繕まで、住まいのリフォームなら何でもお任せ!屋根や外壁の塗装、内装リフォームまで幅広く一括でご提案できます。小さなお困りごとなどもお気軽にご相談下さい。



〒433-8101 静岡県浜松市北区三幸町251番地
TEL 053-438-3211 FAX 053-438-0330 


一覧へ戻る

ページの先頭へ