【ブログ】浜松市中区I様邸のシーリング工事が始まっています。|浜松の外壁塗装・屋根塗装はアヅマにお任せください。

【ブログ】浜松市中区I様邸のシーリング工事が始まっています。

2020年08月03日 17:32:14

本日よりシーリング工事が始まっています。

 

 住宅のサイディングのシーリングは基本的に打ち替えを勧めております。次回の外壁塗装工事を仮に15年後と考えると現状傷んでいなくてもシーリング材がそのままでは持たないためです。

 

打ち替えではなく既存のシーリング材の上から増し打ちする方法もありますが、住宅のサイディング目地のシーリングの場合、増し打ちでは新しく打つシーリング材の厚みが十分に確保できない場合が多くその場合早い段階で切れたり劣化したりしてしまうためお勧めしておりません。 

 

もちろん、状況をみて増し打ちとする場合もありますが、価格が安いからという理由で増し打ちを選択することは避けましょうね。

 

 

打ち替えのために既存のシーリング材を撤去します。 

シーリング撤去 

既存のシーリング材を外してみたら3面接着になっていました。 

 

3面接着というのは目地の両側と目地底の3面にシーリング材が接着している状態を言います。 

 

3面しっかりくっついているなら何が悪いのだろうと思われる方もいるかもしれませんが、サイディングの目地はサイディングの蓄熱による伸縮や強風などによる家の揺れなどの動きによって常時伸びたり縮んだりしています。 

 

3面で接着してしまっているとその動きに追従できずに力が掛かるところで破断してしまうということが起きます。

挙動の無い目地などに3面接着は問題ありませんが、サイディング目地ではNGです。 

 

通常サイディングの目地のジョイナーにはシーリングがくっつかないようにボンドブレーカーが施されていることが多いのですが、今回はありませんでしたのでボンドブレーカーを貼り付けました。 

シーリング撤去 

ボンドブレーカー


明日からシーリングの打設に移ります。 



株式会社アヅマは、浜松市北区にある創業90年の住まいの塗り替えリフォーム専門店です。 
 
屋根塗装・外壁塗装はもちろん、雨漏り調査・補修、防水工事、サイディング工事、屋根・瓦工事、樋工事、玄関リフォームなどの外装リフォーム。 
 
クロスの張替え、フローリングの補修・張替え、間取り変更やリノベーション工事などの内装リフォーム。
 
トイレリフォーム、お風呂・洗面リフォーム、キッチンリフォームなど水廻りのリフォームまで住まいのことなら何でもご相談ください。 
  
株式会社アヅマが「お客様の暮らしをSpice Upする」をコンセプトに立ち上げたハウスエンターテーメントブランド。 「Spise Up Labo」のホームページはこちら。 



〒433-8101 静岡県浜松市北区三幸町251番地
TEL 053-438-3211 FAX 053-438-0330 


一覧へ戻る

ページの先頭へ