【ブログ】浜松市北区三幸町にて雨樋・竪樋の交換工事を行いました。|浜松の外壁塗装・屋根塗装はアヅマにお任せください。

【ブログ】浜松市北区三幸町にて雨樋・竪樋の交換工事を行いました。

2020年03月17日 11:38:25

3月も半ば過ぎになりましたが、2月の寒さが戻ってきたかのような肌寒く感じる本日は浜松市北区三幸町のお宅で樋の交換工事を行いました。



今回は建物南面の樋交換と北面の破損した竪樋を復旧させます。
 
樋とは屋根を流れる雨水を集めて下水や地上に導くための設備です。


1.古い樋の撤去

まずは現在設置されている樋を撤去していきます。

今回のお客様のお住まいは瓦屋根ということで軒樋に劣化し崩れた屋根漆喰の一部が溜まっていました。
放置しておくと詰まりの原因になり、軒樋自体が重さに耐えられなくなり金具が一部外れたりする可能性もあります。
外部に足場を掛ける塗り替えなどのタイミングで掃除や補修をすることをお勧めします。


下記画像が撤去した樋です。
かなり劣化していて大きく反れているのが確認できます。
今回は補修ということで、集水器や軒樋金具は既存のものをそのまま使用しましたので撤去は樋部分のみとなりました。

2.新しい樋を寸法計測した後にカット

新設するのはPanasonic 雨といアイアン 105 です。
樋は塩ビ素材からステレンスの複合タイプのもの、銅製など素材は様々ですが今回使用するものは表面がしなやかなプラスチックで中にスチールが埋め込まれている硬質塩化ビニル製なので通常の塩ビ素材より熱や雪などの気象の変化に対して安定した形状を保持することが出来る樋です。
まずは撤去した場所に対応する樋の長さを計測します。
あとは長さに合わせてアイアン用カッターで切断していきます。

2.新しい樋を設置

3分割程にした樋を一つずつ金物に設置し直していきます。
分割した樋は接着剤と専用のジョイント部品で接合します。
こちらは北側にある竪樋ですが、既存の樋と新設の樋とを結合させました。
設置が完了したら瓦に樋受金具で固定します。
完成です。

今回の工事ではおおよそ1日ほどで作業が完了しました。


雨樋の寿命は一般的に20~25年ほどと言われています。
樋は屋根から流れる雨水を集めて地面まで流す役割をしていますが、雨樋が破損してしまうと本来濡れない場所に雨水があたるようになるので、雨漏りや家自体の劣化を早める原因にもなる可能性があります。

樋の工事を行う場合の工事費のうち一番費用が掛かるのは足場の設置費です。
ですので、足場を組まないと出来ない屋根塗装や外壁塗装、屋根の修繕や外壁の張替え工事などを考える際に同時に行ったほうがお得と言えます。

株式会社アヅマでは屋根塗装・外壁塗装の専門店ではありますが、そうした付帯の修繕やリフォームまで次の塗り替えリフォームが行われる15年先を見据えたご提案を心がけております。

そろそろ家の状態を見直すときかな?と思いましたら是非お気軽にご相談ください。




株式会社アヅマは、浜松市北区にある創業90年の住まいの塗り替えリフォーム専門店です。 
 
屋根塗装・外壁塗装はもちろん、雨漏り調査・補修、防水工事、サイディング工事、屋根・瓦工事、樋工事、玄関リフォームなどの外装リフォーム。 
 
クロスの張替え、フローリングの補修・張替え、間取り変更やリノベーション工事などの内装リフォーム。
 
トイレリフォーム、お風呂・洗面リフォーム、キッチンリフォームなど水廻りのリフォームまで住まいのことなら何でもご相談ください。 
  
株式会社アヅマが「お客様の暮らしをSpice Upする」をコンセプトに立ち上げたハウスエンターテーメントブランド。 「Spise Up Labo」のホームページはこちら



〒433-8101 静岡県浜松市北区三幸町251番地
TEL 053-438-3211 FAX 053-438-0330

一覧へ戻る

ページの先頭へ